Ubuntu 14.04 LTS「Trusty Tahr」のExtended Security Maintenanceを発表

Ubuntu is available in Cloud Server Linux. Contact us to find out our latest offers! Ubuntuは、現在、クラウドベースのワークロードの大半を担っています。Ubuntu 16.04 LTSのリリース以来、4.5億のパブリッククラウドインスタンスが起動され、さらに増加を続けています。ウェブスケールの大型デプロイメントの多くがUbuntuを使用しています。これには、金融、ビッグデータ、メディア、その他の多くのワークロードとユースケースが含まれます。顧客が依存する重要なサービスを提供するには、基盤となるオペレーティングシステムの安定性と継続性が不可欠だからです。 Extended Security Maintenance(ESM)は、Ubuntu 12.04の正式なサポート終了以降もUbuntu 12.04 LTSに重要なセキュリティパッチを提供する方法として発表されました。企業は、ESMを使用してコンプライアンス問題に対応するほか、フルサポートの下でUbuntuの新しいバージョンへのアップグレードプロセスを管理できます。アプリケーションアップグレードをフェイルセーフ環境で計画できることが、ESMの大きな利点とされています。2019年4月のUbuntu 14.04 LTSサポート終了を控え、Canonicalは、世界の開発者の計画をサポートするためにUbuntu 14.04のESMを発表しました。 Ubuntu 12.04 Extended Security Maintenanceから学んだことは? Ubuntu 12.04は、Extended Security Maintenanceの対象となった初めてのUbuntuの長期サポートバージョンでした。昨年、IT部門は、GDPR、Spectre、Meltdown、Stack Clash、Blueborne、Dirty Cow、SegmentSmack、FragmentSmackなど、大きなITセキュリティ/コンプライアンス問題に対処しなければならなかったため、まさに望まれていたタイミングでした。ESMは、60種類以上の重要または極めて重要な脆弱性に対する修正を含め、合計で120以上の更新をUbuntu 12.04ユーザーに提供しました。 Extended Security Maintenanceにより、IT、開発、セキュリティチームは、新しいアプローチでOS更新に対処することが可能となります。 Commercetoolsは、UbuntuのExtended Security Maintenanceのおかげで、運用リスクを軽減し、GDPRコンプライアンスを複数のレガシーシステムにわたって高めることができました。(リンク) ITstrategenは、Extended Security Maintenanceを利用し、サーバーの継続的なセキュリティを保証するとともに、顧客が支払うアプリケーション更新のコストを節約しました Ubuntu Extended Continue Reading